ご挨拶

kokusaihonbu

tomo理事長    助川 友朗のご挨拶

我々が取り組んでいる「社交ダンス」はそう古いものではなく、約250年ぐらい前に、オーストリアのウィーン地方でワルツが発明(発見) されてからと云われています。それ以前にも人類は楽しかったり、お祝いのときにダンスは踊っていたようですが、ワルツから男女が正 対して(組んで)踊るようになったと聞いています。人類の歴史から比べるとそんな短い期間に、何故、世界中でそれぞれの地域の音楽 で踊るようになったのか。それはとても楽しかったからに違いありません。「ダンスとは何か?」「何故人類はダンスを踊るのか?」我々の永遠のテーマです。私達はダンサーではありません。ダンスの先生なのです。私たちは、人間が人生をより楽しむ手段として人間同士のコミュニケーションのひとつとして、ダンスを普及啓蒙していかなければ ならないと考えています。

プロフィール

  • 昭和23年 東京生まれ 青山学院大学 法学部卒
  • 青山学院在学中に父(助川五郎)死去に伴い、株式会社助川(屋号助川ダンス教室)専務に就任、平成6年代表取締役となり現在に至る。
  • 世界ダンススポーツ会議に日本代表に選出され、2回出席。
  • INTAKO(国際ダンス教師公式会議)の日本で初めての公認講師。
  • ドイツダンス教師協会(ADTV)名誉会員。
  • クレアダンスジャパン本部講師。
  • 東邦音楽大学 専任講師。
  • ヤマハミュージックスクール講師。
  • 過去にスカパー「助川友朗のエンジョイダンス」放映。
  • 助川ダンス教室;昭和22年設立。東京・五反田
    日本で最も古く・最大の名門教室として海外でも有名。幾多のチャンピオンやトッププロを輩出。

miyaki副理事長 宮木 康隆のご挨拶

今、ヨーロッパやアメリカのダンス教室で踊られているダンスを、日本でも同時に、同じダンスが踊られるようになることを目標に始まっ た当会も、少しずつ皆さまのご理解とご指示を得られるようになりました。ダンス・スポーツではなく、マナーのためや社交のためのダン ス、欧米のダンス教室が一般の人たちに教えているワールドスタイル・ダンスを、是非多くの皆様に踊っていただいきたいと切望してお ります。 外見にとらわれず音楽を楽しむワールドスタイル・ダンスは、どこでも、いつでも、誰とでも踊れるダンスです。ダンスを踊ったことのない あなたも、きっとすぐにダンスを楽しむことができるようになるでしょう。皆さまからのコンタクトを心よりお待ちしております。

プロフィール

  • 1994年度 世界選手権日本代表審査員。ブラックプールライジングスター準決勝。
    日本インター準決勝。1989年 選手引退。
  • 1978―1983年 英国留学。スタンダード : ソニー・ビニックピーター・エグルトン  ラテン : ピーター・マックスウエル マイケル・ステリアーノス ウオルター・レアード
  • 1986―1987年 競技選手の指導法を学ぶため英国留学。
  • 1994年 初心者の指導方法を学ぶためドイツ留学。
  • 1995年 ダンスの歴史と歴史的ダンスの踊り方を習うためドイツ留学。
  • 2002年 INTAKO(国際ダンス教師会議)に毎年参加。