国際ダンス本部の履歴

kokusaihonbu
日時
 
1991年12月  AJDT/DSC ( 全日本ダンス教師 / ダンススポーツ議会 ) として設立。
 会長として毛塚睦雄(故人)、会長代行として小嶋鉄治(ICBD副会長・故人)、事務局長として助川
 友朗が就任。
   
1992年5月 国際的なダンス教師の組織であるICBD( 国際ボールルームダンス評議会=現在のWDC ) に、 JBDF( 財団 ) に先駆けて加盟。日本で世界選手権が開催できる唯一の団体となる。 ブラックプールのICBD総会に、日本の代表として、毛塚鉄雄 ( 現JCF会長 ) 、本田季久 ( 現JCF 名誉会長 ) 、助川友朗が参加。
   
1992年5月 助川友朗が、ICBDの委員会 ( ワールドダンスプログラムを採用するヨーロッパ7カ国の教師協会 に参加 ) にアジアから初参加。
1993年5月 AJDT/DSC内にダンス教師部門の委員会設置。
1994年2月 JDC ( 日本ダンス議会 ) の設立と同時に、認証団体となる。
1994年8月 三井物産貿易経済研究所による「ダンスレッスン・ビジネス実態調査」 ( ダンス教室経営の何が 問題か? )。
1996年10月 スポーツ部門と分かれ、ダンス教師部門としてAJDT/DSC ( 全日本ダンス教師 / ダンスソシアル センター ) となる。 代表として濱田純一( 故人 ) が就任。理事長として助川友朗、副理事長として宮木康隆が就任。
1998年1月 「The Method of World Dance 」発行。
1999年4月 改定版 「The Method of World Dance 」 Ⅰ・Ⅱ 発行
1999年9月 現在のAJDT/IDC ( 全日本ダンス教師 / 国際ダンス本部 ) に改名。
2000年9月 BDT ( ドイツダンス協会 ) と業務提携
2001年4月 ADTV ( ドイツダンス教師協会 ) と業務提携。 毎年、INTAKO ( 国際ダンス教師協会 ) に講師を派遣
2001年7月 第三版 「The Method of World Dance 」 Ⅰ発行。「60歳からダンスを始める人に教える為のガイドブック」発行
2008年1月 新版「The Method of World Dance 」 Ⅰ 発行
2010年5月 濱田純一代表ご逝去
2011年1月 遺稿集 「濱田純一先生を偲ぶ」 発行。谷 宏 代表代行就任。
2012年1月 代表として北畠 博が就任
2012年5月 CID-UNESCO本部及びCID-UNESCO-TOKYO ( ユネスコ国際ダンスカウンシル東京 ) の個人会員 ( 代表・理事長・副理事長・理事の5名 ) に続いて、いずれもAJDT/IDC が団体会員となる。
2014年1月 代表 北畠 博が退任。 谷 宏 代表代行就任。 ユネスコ団体会員脱会。