ワールドスタイルダンスとは

world style

ワールド・ダンス・プログラム

1962年にアムステルダムで開催されたダンス国際評議機関であるICBD(現在のWDC)の第2回コンファレンス(協議会)に於いて、競技ばかりではなく、「一般のダンスにもっと関心を持つべきである」と議決され、小委員会を結成、英国からアレックス・ムーア、デンマークからカール・カールセン、西ドイツからゲルド・ハードリッヒ、オランダからウイン・ボネルらが委員となり、「誰とでもどこでも踊れるダンス」として、最初のワールド・ダンス・プログラムが編集されました。

ワールド・ダンス・カリキュラム

ワールドスタイルダンスとイングリッシュスタイルダンスは異なります。ヨーロッパ7ヵ国のダンス教師協会は、ワールド・ダンス・プログラムを基本にワールド・ダンス・カリキュラムを編纂し、その後EU11ヵ国が参加し今日に至ります。 従来のボールルーム・ダンスの典型的なレッスンは競技やデモストレーション、そして検定試験を目的とする内容が主体でした。これは主として教える側のペースでダンスを教えていこうとするものです。 ワールド・ダンス・カリキュラムは、これらに加え、あくまでも生徒のニーズに合わせて、生徒のペースで社交ダンスを教えていこうとするものです。ボールルーム・ダンスの持つ規則的な技術事項や競技志向にこだわらず、即興性・実用性・大衆性を主体として、生徒の創造性を引き出し、その能力を伸ばすことに主眼をおいています。ヨーロッパ(EU)各国のダンス教師協会は全てこのカリキュラムでレッスンを行っています。 日本では唯一、AJDT/IDC国際ダンス本部だけがEU各国と業務協定を結び、ワールド・ダンス・カリキュラムを採用しています。